http://www.yukan-fuji.com/archives/2004/09/post_316.html
 昨日は合法ドラッグの話でしたが、今日はお米の話!夕刊フジ、新聞は読んだことないけどblogはなかなか面白い。

千葉大学大学院医学研究院の能川浩二教授(環境労働衛生学)は「コメは多かれ少なかれカドミウムに汚染されている。とくに生産量のうち3%のコメは汚染濃度がやや高く、寿命を縮めかねない」と警告。

ひえええええええ!!!!やっぱり65歳まで生きて年金もらえないかもっ!!!しかしカドミウムって学校で社会の時間に習った三大公害病の一つ、イタイイタイ病の原因となった物質ではないですか(滝汗)。

イタイイタイ病は過去の公害病ではない。日本は鉱石中にカドミウムを含む非鉄金属鉱山が多く、稼働中は少ないが、今も廃坑から膨大な量のカドミウムが流出する。

なんとまあ・・・。ちょっと背筋が寒くなってきました。

 「さらにカドミウムは電池から原子力発電所の制御棒まで幅広く使われ、その生産・消費量は日本が世界トップ。新旧2つの理由で、環境が広く汚染され続けている」

カドミウムを使っている製品、たとえばニッカド電池などを廃棄する際にはちゃんと電器屋さんに届けなければいけませんね。適当にゴミの日に一緒に出したりしないようにしないと。

農水省はカドミウム汚染濃度1.0ppm以上のコメを発売禁止とし、0.4ppm以上は工業用ノリなど非食に回してきた。
 「問題はその0.4ppm以上という点だ。農水省や厚労省は0.4ppm未満なら健康に障害はないというが、私たちの20年間の調査などの結果、科学的に問題がないのは0.1−0.2ppm未満で、0.2−0.4ppmだと腎臓の尿細管障害を起こすことがわかっている」
 0.2−0.4ppmのコメを食べ続けて尿細管障害を起こすと、死亡率が2−3倍も高くなるというから怖い。

これが国の機関である農水省の基準。合法ドラッグに危険なものがあるのは想像つくけど、基準に適合した合法なお米にまでそんな危険なものがあるなんて・・・。

 「同一産地のコメを食べ続けないことがポイント」と、能川氏。産直などで購入する場合、先方にカドミウム検査を要求するのも手。自分の健康は自分で守ろう。

と締めくくられています。しかし農家のお米の検査を農家にさせても・・・。試しに少量を購入してどこか第三者の検査機関等で検査してもらったほうがいいと思います。